DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Acupuncture for chronic headache in primary care large, pragmatic, randomised trial..pdf76.99 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: Acupuncture for chronic headache in primary care: large, pragmatic, randomised trial.
Authors: 井上, 悦子
Issue Date: 28-Mar-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: 鍼治療は、慢性頭痛患者(特に片頭痛患者)に対して、持続性で臨床的な利益をもたらす。National Health Serviceにおいて鍼治療の拡大を検討すべきである。
Description: 細部に渡ってよくデザインされたRCT研究である。そして慢性頭痛(主に片頭痛)において、鍼治療は通常治療(服薬)より効果的であると強く示唆し得る内容である。しかし、治療部位などの鍼治療方法についての記載が皆無であることから、臨床的に最も興味のある「いずれの経穴への鍼治療が効果なのか」といった疑問に解答困難な報告である。サンプルサイズが100を越えており臨床研究である点を踏まると、治療方法を統一することは実施上困難であると推察されるが、高頻度に使用された経穴や刺鍼法などの解析がなされることにより、より有用性の高い内容になると思われる。それらの詳細な報告を望む研究である。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17805
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17805

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback