DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Acupuncture for subacute stroke rehabilitation.pdf78.85 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: Acupuncture for subacute stroke rehabilitation: a Sham-controlled, subject- and assessor-blind, randomized trial.
Authors: 伊藤, 薫
Issue Date: 12-Feb-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: 脳卒中後のADLやQOLの回復において、鍼治療はシャム鍼に優る効果を示すことができなかった。しかし、重症患者の下肢機能においては、限られた効果があると考えられる。
Description: 脳卒中ユニットの補助療法として鍼のランダム化比較試験をデザインし、サンプルサイズ各63人に近い発症4週間以内の患者をリクルートし、被験者・評価者マスクを成功させたことは賞賛に値する。サブグループ解析ではあるが、重症患者(Barthel ADL score 6未満)の下肢機能改善に、シャム鍼より真の鍼治療の方が優れた効果を示したので、リハビリテーションにおける鍼治療の可能性を広げた。また、著者の指摘しているように、Barthel ADL scoreは臨床試験ではよく使われるが感度は低い。脳卒中亜急性期の作業療法では、Barthel ADL scoreの1ポイントの差は、有意義な差として捉えられて来た。著者の考察にあるような脳卒中急性期の患者を対象とした臨床試験や、鍼治療期間を1ヶ月にするなどの今後の追試に期待する。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17806
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17806

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback