DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Comparison between electro-acupuncture and hydrotherapy, both in combination with patient education and patient education alone.pdf86.33 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: Comparison between electro-acupuncture and hydrotherapy, both in combination with patient education and patient education alone, on the symptomatic treatment of osteoarthritis of the hip.
Authors: 李, 強
Issue Date: 12-Feb-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: 本研究は、実験サンプルのサイズ、コントロール・シチュエションなどの実験方法上の制限により、精確な治療効果を確認できなかったにもかかわらず、鍼通電付加群と水治療法付加群は、実験によって、長期持続効果をもたらし、疼痛軽減、機能活動増加、QOL改善したことを証明した。また、鍼通電付加群のほうが疼痛軽減の長期持続効果を半年にも及んだ。教育のみ群は変形性股関節症に対する改善が見られなかった。
Description: DRI、GSI及びVASはアウトカム指標として選ばれ、真のエンドポイントであるので、とても適切な効果測定指標だと思う。著者らはPT関係者であるから目が高いことに敬服する。また、単に電気鍼の治療効果をみるより、臨床を念頭に置いて、電気鍼に患者教育を加えた介入方法を選んだことにも感心する。ただし、遮蔽をしたが第三者による割付をしてなかったこと、脱落者が多かったこと、及び群内に比較されたが群間比較されてなかったことは問題点として指摘すべき、少々残念だと思われる。遮蔽について、たしかに、著者らが認めたようにサンプルサイズの設定、コントロール状況の掌握が臨床現場において実施しにくいことがあるから、特定の治療効果を確認することができなかったことは理解にできる。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17809
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17809

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback