DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Comparison of superficial and deep acupuncture in the treatment of lumbar myofascial.pdf76.1 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: Comparison of superficial and deep acupuncture in the treatment of lumbar myofascial pain: a double-blind randomized controlled study.
Authors: 松峰, 理真
Issue Date: 11-Feb-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: 治療前後におけるMcGill、PSQに有意な差はないが、3ヶ月後の結果には有意な差(p<0.05)がみられ、筋筋膜性腰痛に対する鍼治療の効果は、深刺刺激を与える方が、浅刺刺激よりもより鎮痛作用があるということが分かった。
Description: 著者らは慢性腰痛に対する鍼治療の深刺と浅刺の効果の違いを検討しており、大変興味深い研究である。比較検討もきちんとデザインされているが、RCT研究としてマスクの成功性の真偽が不明な所、またサンプルサイズの検討を行っていない点が残念である。これらがきちんと報告されていれば、より著明な結果が得られたのではないだろうか。サンプルサイズが充分でないとはいえ、非常に臨床的に価値のある結果が出ているので、今後はサンプルサイズ、鍼の深度や刺鍼部位などを考慮して更なる研究に期待したい。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17810
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17810

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback