DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Effect of acupuncture upon experimentally induced ischemic pain.pdf73.29 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: Effect of acupuncture upon experimentally induced ischemic pain: a sham-controlled single-blind study.
Authors: 百合, 邦子
Issue Date: 11-Feb-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: この実験による痛みのモデルに対してシャム鍼と比較して、鍼のより強い鎮痛効果は得られなかった。
Description: VASは鍼とシャムの結果に有意差は無かったが、MPQでは、鍼治療群2とプラセボ群2において有意な治療効果が見られたことより、虚血性の疼痛には止血バンド近位部の経穴への治療は効果があると考えられる。また、プラセボの接触刺激においても鍼治療と同様に効果が認められたことより、虚血性の疼痛には接触刺激のみでも有効であると示唆される。本研究では健常者を対象に止血バンドを用いて実験的に虚血性疼痛を起こしており、今後は実際の虚血性疼痛を有する患者での検討に期待したい。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17811
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17811

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback