DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Effects of acupuncture and stabilising exercises as adjunct to standard treatment in pregnant women with pelvic girdle pain.pdf78.19 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: Effects of acupuncture and stabilising exercises as adjunct to standard treatment in pregnant women with pelvic girdle pain: randomised single blind controlled trial.
Authors: 小林, 章子
Issue Date: 10-Feb-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: 骨盤周囲痛を伴う妊婦に対して、通常行われる問診や生活指導、骨盤ベルト着用に加え、運動治療や鍼治療を加えることにより、骨盤周囲の痛みが改善されることが示唆された。また、運動治療を追加するよりも鍼治療を追加した方が、より改善することも示唆され、補完的な治療法として有用であると考えられる。この研究において、鍼はstabilising運動より優れていた。
Description: 今回は妊婦の「腰痛」から、さらに痛みの箇所を骨盤周囲に限定して臨床研究されており、サンプル数も多く、多施設に渡り調査されており、研究デザインは妥当であると思われる。今回の実験では鍼治療単独で行った訳ではなく、その他の介入(骨盤ベルト、エクササイズ)の補助として用いられている。しかし妊婦に対して鍼治療のみを行うには危険を伴うため、この様なデザインになるのはやむを得ないと考える。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17812
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17812

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback