DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Randomised controlled trial of a short course of traditional acupuncture compared with usual care for persistent non-specific l.pdf73.68 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: Randomised controlled trial of a short course of traditional acupuncture compared with usual care for persistent non-specific low back pain.
Authors: 松峰, 理真
Issue Date: 10-Feb-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: フォローアップ12ヶ月後においては鍼治療群と一般治療群とでは著明な有意差は認められなかった。しかし、24ヶ月後においては、小さいながらも明らかにエビデンスが得られた。
Description: 全体的にきちんとデザインされている臨床研究であり、被験者の数も多く非常に信頼性に基づくものである。また、多種類の調査を採用し、また、データも細部にわたり分析されており、とても参考になる文献であると思われる。しかし、鍼群においての介入の詳細が記載されていないことと、被験者の希望により鍼群と一般治療群への割り付けを行ったことは、当然バイアスの可能性があることが示唆される。また、群間のみならず、群中においての介入の差、またアウトカムにおいての脱落者などが気になるところである。12ヶ月後には特に有意差が見られなかった鍼群において、24ヶ月後ではわずかながらの有意差が認められた事は臨床において、非常に興味深い結果である。これらの点を踏まえ今後の更なる研究を期待したい。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17813
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17813

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback