DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
The effect of high and low frequency electroacupuncture in pain after lower abdominal surgery..pdf73.08 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート: The effect of high and low frequency electroacupuncture in pain after lower abdominal surgery.
Authors: 伊藤, 和憲
Issue Date: 17-Mar-2008
Publisher: 全日本鍼灸学会
Abstract: 下腹部手術前に低周波・高周波電気刺激を行うことは、術後鎮痛で要求させる薬物と吐き気、めまいなどの副作用を軽減させる可能性がある。
Description: 主観的な痛みや副作用の変化だけでなく、鎮痛薬を求めるまでの時間や要求回数、使用した鎮痛薬の量など、薬の投与という視点から評価したことは、補完医療としての鍼灸治療の新たな可能性を示せたという意味で賞賛するに値する。しかしながら、治療者や患者に関するマスクについては記載がないため、マスクの評価と合わせて記述されているとなお素晴らしい論文となると思われる。また、サンプル数が小さいことから、この研究結果を元にサンプル数を計算し、大規模な臨床試験を行って頂きたいところである。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17814
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17814

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback