DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
RCT評価レポ-ト2: Efficacy of electroacupuncture and TENS in the rehabilitation of chronic low back pain patients.pdf135.84 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート2: Efficacy of electroacupuncture and TENS in the rehabilitation of chronic low back pain patients
Authors: 坂本, 辰徳
Keywords: low back pain
TENS
electroacupuncture
Issue Date: 2010
Abstract: 3群共に、トータル腰痛スケールスコアで短期効果(入院時~退院時まで)と長期効果(入院時~戻ってきた時)の両方で有意な差がみられた。(p<0.01)つまり、電気刺激の有効性はなかったと言える。
Description: 鍼を用いた臨床研究で、プラセボをどのように設定するのかが、非常に重要であり、頻繁に議論されている問題である。今回の臨床研究では、電気刺激の効果を見るために、電気鍼群と、TENS群、プラセボとして電源のはいっていないTENS群を用いたアイディアは賞賛に値する。しかし、他の研究論文でTENS群と電気の入っていないTENS群では有効性が見られないとの報告もあり、群間比較の妥当性に疑問の余地が残る。著者が論文の中で明らかな施術効果を見るために、「真の」有効性を測定することについて述べている。今後、どのように群間比較を行うのか新たな研究プロトコールに期待したい。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17832
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17832

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback