DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
RCT評価レポート1: Randomized trial comparing traditional Chinese medical acupuncture, therapeutic massage, and self-care education for chronic low back pain.pdf161.62 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート1: Randomized trial comparing traditional Chinese medical acupuncture, therapeutic massage, and self-care education for chronic low back pain
Authors: 木村, 研一
Keywords: low back pain
chinese medical acupuncture
therapeutic massage
self-care education
Issue Date: 2010
Abstract: 1.治療終了10週後でマッサージ群は、セルフケア教育群に比べて訴えの強い症状のスコア(マッサージ: 3.41 vs セルフケア教育: 4.71, P=0.01)、Roland-Morris機能障害質問表の変法による機能障害のスコア(マッサージ: 5.88 vs セルフケア教育: 8.92, P<0.001)ともに有意に改善した。鍼治療群との比較では機能障害のスコア(マッサージ: 5.88 vs 鍼治療: 8.25, P=0.01)で有意に改善した。2.治療終了1年後ではマッサージ群は訴えの強い症状のスコア(マッサージ: 3.08 vs セルフケア教育: 4.74, P=0.002)、機能障害のスコア(マッサージ: 6.29 vs 鍼治療: 8.21, P=0.05)でともに鍼治療群より有意に改善したがセルフケア教育群とは有意差を認めなかった。マッサージは鎮痛剤の服薬量や治療費の比較においても他の治療法より低い値を示した。
Description: 慢性腰痛患者に対してマッサージと鍼治療とセルフケア教育の効果を検討したRCT研究である。サンプルサイズも適当で脱落データも極めて少ない。慢性腰痛患者の主訴や機能障害のスコアの比較でマッサージが最も効果があったと結論づけられている。しかし、具体的な鍼治療の方法の記載がなく鍼治療の部位や治療穴が鍼灸師に委ねられている。マッサージについてもマッサージ師の間に治療方法が統一されておらず、マッサージ群では個々のマッサージ師によって効果に有意差があったという記載がある。鍼治療、マッサージともにある程度の治療方法の統一が必要であったと思われる。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17833
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17833

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback