DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
RCT論文評価 >
RCT評価レポート >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
RCT評価レポート2: The Use of Electro-Acupuncture in Conjunction withExercise for the Treatment of Chronic Low-Back Pain.pdf100.72 kBAdobe PDFView/Open
Title: RCT評価レポート2: The Use of Electro-Acupuncture in Conjunction withExercise for the Treatment of Chronic Low-Back Pain
Authors: 
Keywords: low back pain
electro-acupuncture
Issue Date: 2010
Abstract: この研究ではEAと体操運動の組合せは慢性腰痛患者において、痛みの和らげ、機能障害の軽減、機能改善などの治療には効果的な選択であることが示された。
Description: この文献は慢性腰痛の鍼治療効果について検討したもので、論文は現在通用のRCTデザインである。サンプルサイズは52で、多いとは言えないが、治療法はなかなか東洋医学的な考え方である。鍼は鍼資格を持っている治療家により行い、マニュアルで得気まで操作し、続いて2Hzのパルスで筋収縮が見えるまで電流を調節し、30分の刺激を行った。経穴も腰痛治療によく使われている腰部の兪穴(腎兪、大腸兪)と下腿に四総穴である委中、脾経の三陰交を用いた。またデータの収集や解析も心がけていると思う。もしサンプルサイズをもっと増やせば、または単純な鍼治療群や無処置群を増設すればもっと面白いかもしれない。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17836
Appears in Collections:RCT評価レポート

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17836

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback