DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 2D画像(可視画像)作成における手ぶれ補正の試み
Authors: 嶋木敏輝
Keywords: 骨折(超音波診断)
医療情報コンピュータ処理
*超音波診断
断層撮影
超音波プローブ
ヒト
Issue Date: 2008
Abstract: プローブ駆動装置を使用せずに超音波ファイリングシステムで水平方向の可視画像(2D)と垂直スライス方向の断面画像を合成する際に、手ぶれによる歪みの補正操作手技を繰り返す必要のない方法を考案した。超音波断層画像を得る際に、スライス方向に直線状にマーク(凧糸)を置いて同時描出させ、各断層画像にあるマーカーに沿って追跡補正することで、彎曲を補正した2D画像により正確な垂直スライス像が得られることとなった。本法により追跡補正作業の自動化も可能と考えられた。
Description: 原著論文/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/19895
Shimei: 日本超音波骨軟組織学術研究(1347-2224)
Volume: 7
Issue: 2
Start page: 31
End page: 38
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/19895

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback