酵素が多い食品まとめ。どんな食べ物を摂ると良いの?

生の野菜や新鮮なフルーツ。発酵食品などには他の食品に比べて多くの酵素が含まれています。
酵素をなるべく多く体に取り入れることはいいことですが、調理の方法など食べ方によっては酵素の摂取できる量が減ってしまうこともあります。
せっかく、体によさそうな食材を摂取して健康に気を遣っても栄養の元でもある酵素が無駄になってしまうのは悲しいですよね。
酵素の無駄を防ぐためにも酵素が含まれた食品や食材を効率よく摂取する方法をまとめました。
また、体内の酵素を極端に減らしてしまうNGな食品も紹介するので食事の際に気を付けてみてください。

 

酵素の多い食品まとめ

食品に含まれる酵素とは消化酵素のことを指し、栄養を分解して体に吸収しやすくしてくれる働きがあります。
さらに、消化酵素はタンパク質、でんぷん、脂肪をそれぞれ分解するプロテアーゼ、アミラーゼ、リパーゼの3種類に分けられます。
消化酵素の種類別に分けた食べ物を一覧にしてまとめました。

 

タンパク質分解消化酵素:プロテアーゼが多い食品
キウイ・いちじく・パパイヤ・パイナップル・玉ねぎ・納豆・りんごetc

 

でんぷん分解消化酵素:アミラーゼが多い食品
だいこん、かぶ、バナナ、にんじん、ブロッコリー、お酢、かぼちゃ、パプリカetc

 

脂肪分解消化酵素:リパーゼが多い食品
味噌、チーズ、漬物、納豆、アボカド、ほうれん草、大根、トマト、グレープフルーツetc

 

酵素の多い食品で簡単に入手しやすいとなると、野菜やフルーツになります。
ただ、酵素は熱に弱いという性質をもっているので生のままサラダにして食べたりするのがベストです。

 

|食品の酵素を増やす食べる方法
酵素を摂取するなら食品に含まれている酵素はなるべく無駄にしたくないものです。
食品にふくまれている酵素を効率的にもっと増やす食べ方を紹介します。

 

  • 酵素の活性化をさせるすりおろし
  • 野菜やフルーツに含まれる酵素は細胞の中に存在していているので、調理過程ですりおろすことがポイントです。
    すりおろすことで細胞膜を破壊し、酵素の働きを約2〜3倍に活性化させます。
    酵素の豊富な食材を摂取しても細胞に閉じ込められたままの酵素がそのまま体外へ排出されてしまうこともあるので、
    りんごや大根はすりおろして食べてみたり、ミキサーでッスムージーにしてみるのもおすすめです。。

     

  • お酢との組み合わせ
  • お酢にも酵素は含まれていますが、お酢は酵素を活性化させて増やす働きも持っています。
    お酢と一口に言っても穀物酢や果実酢などたくさんの種類がありますが、酵素ダイエットをするなら黒酢がおすすめです。
    黒酢には麹菌や乳酸菌が豊富に含まれ、酵素の働きをサポートするアミノ酸やクエン酸の含有量もお酢の中でピカイチの存在です。
    ドレッシング作りにもよく用いられるバルサミコ酢も黒酢の一種なので、サラダに混ぜてることでより酵素の活性化が図れます。

 

 

|酵素を摂るときに気を付けるポイント
酵素を摂るときにはただ闇雲に「酵素が含まれている食品」を取ればいいというわけではありません。
酵素を摂るときに気を付けたいポイントをまとめました。

 

発酵食品から酵素を摂るときは塩分と醸造方法に注意する
納豆や味噌、醤油などの発酵食品にも酵素は含まれます。
醤油や味噌は食事の味付けやアクセント使いますが、塩分が高いので過剰摂取をしてしまう可能性があります。
減塩カットの商品もあるので注意して発酵食品を選ぶようにしましょう。
また、発酵食品を選ぶ際に気を付けたいのは醸造方法です。
発酵食品の醸造方法は天然醸造と速醸の2種類が存在しています。
天然醸造は人の手を加えず、天然の酵母の力じっくり時間をかけて発酵させたものに対し、速醸は発酵の過程において温度調整や添加物を加えて短期間発酵させたものです。
速醸に比べて、天然醸造のほうが酵素量は桁違いに多いので醸造方法も確認するようにしましょう。
しかし、値段の比較をすると速醸で作られた発酵食品は大量生産できるため、天然醸造の発酵食品よりも安価です。

 

酵素に重要なのは鮮度が大事
「野菜や果物は鮮度が大事」というフレーズをよく耳にしますよね。
実は鮮度は本当に重要で鮮度を失った野菜やフルーツは酵素の量は激減します。
みずみずしい野菜やフレッシュな果物にこそ酵素は宿っているので、体に酵素を少しでも多く増やすためにも作り置きや冷凍などはなるべく避けるようにしましょう。

 

食品をすりおろしたり、お酢との組み合わせで摂取できる酵素の量は変わってきます。
ひと手間加えるだけで酵素を体にとり入れる量が増えるのであれば実践したいところですね。
例えばバナナはしばらくしたら黒くポツポツと変色してくるシュガースポットが出てくるまで待つと摂取できる酵素量が増加します。
ただし、あまりに待って黒くさせすぎるのは厳禁ですよ(笑)
他にも野菜やフルーツの酵素は皮にも含まれているのでまんべんなく酵素を摂るには皮ごと食べるのもおすすめです。

 

 

酵素を大量消費してしまうNG食品

酵素を多く含む食品もあれば逆に酵素を無駄遣いしたり、大量消費してしまう食品があります。
普段の生活でも簡単に手に入るものばかりなので一部の食品を紹介します。

 

・生たまご
生たまごはラーメンなんかにいれてもおいしいですよね(笑)
しかし、生たまごの卵白にはオボムコイドという消化酵素の効果を妨害してしまう物質を含んでいます。
そして生の黄にはアビジンという補酵素でもあるビタミンの吸収を妨げてしまいます。
加熱すればオボムコイドやアビジンは効力を失うので酵素を取りながらたまごを食べるときは加熱調理することをおすすめします。

 

・生のナッツや豆
生のナッツや豆には成長の過程において発芽時期を守るためのアブシジン酸という酵素抑圧成分があります。
また摂取することで、老化や発がん性のリスクを高めてしまうこともあるので注意が必要です。
しかし、アブシジン酸は水に溶けやすく、一晩水に浸しておくと無害化するので生のままナッツや豆を水につけておくと良いでしょう。

 

・豆乳
豆乳と聞くとダイエットや健康に良さそうなイメージが浮かんできます。
しかし、豆乳の原料でもある大豆は酵素抑圧成分を含みアブシジン酸のように水につけても無害化することはありません。
大豆に含まれる酵素抑圧成分は発酵させることで無害化して酵素を逆に生み出す面白い特徴があります。
大豆から発酵して作られた味噌や醤油は酵素を含む最たる食品例ともいえます。

 

他にも酵素を抑制する食品はキノコ類などもありますが、添加物や農薬の付いた食品も酵素を消費してしまいます。
カップ麺やお菓子なども酵素でダイエットをしているのであれば摂取を控えるようにしてください。
また、アルコールやたばこも酵素を同じように大量消費していまいます。
お酒は少量であればストレス発散に効果があるかもしれませんが、飲酒時間が長いとその分酵素の消費が増えていきます。
タバコこそ、「百害あって一利なし」といっても過言ではありません。
酵素だけでなく、健康を失いかねません。

 

酵素を含む生の野菜やフルーツ、発酵食品を積極的に摂ることで体内に酵素を常に補充しておくことができ、美容や健康、ダイエットに効果をもたらしてくれます。
しかし、酵素のことを過剰に意識しすぎて食事を楽しめないとなってしまうとストレスになり逆効果になってしまいます。。
食事は人間の三大欲求でもあるので好きなものを食べるときはがっつり食べて、酵素を取り入れるときは野菜中心の食生活に変えるなどオンオフを切り替えるようにしましょう。

 

ただ、現代社会において生野菜やフルーツ、発酵食品を摂るには限界があります。
働きながらだったり、忙しい家事に追われると、鮮度が重要視される酵素を含む食品をとることは簡単ではありません。

 

鮮度を保ちつつ酵素を配合したサプリもあるので、今できる食事の内容と一緒にサプリを利用して体内酵素を増やすのもおすすめです。