酵素と乳酸菌は何が違うの?

ダイエットをするためにサプリの力を借りる人は多いですよね。
ダイエットサポートサプリの中でも酵素サプリには腸内環境を整えて痩せやすい体を目指し健康的なスリムボディをめざせる効果が期待できます。
乳酸菌にも腸内環境を整えて太りにくい体を目指せる効果が期待できるとよく耳にすることはありますが、同じような効果を持つ酵素と乳酸菌にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

酵素はたんぱく質。乳酸菌は細菌

酵素と乳酸菌はお互いに腸内環境を整える効果は似たもの同士の存在ですが両者を一言で説明するなら、酵素は物質でタンパク質、乳酸菌は生物で細菌です。

 

*酵素は3000種類以上存在するタンパク質の一つ
酵素の元はタンパク質の一種です。
働く効果によって名称は変わります。

 

消化酵素・・・
食事から得た食べ物を消化する効果がある

 

代謝酵素・・・
消化酵素によって分解された成分をエネルギーに変えて体の各所に届ける

 

食物酵素・・・
消化酵素と同じ働きをする食品に含まれている食物酵素

 

酵素には栄養素が入っているとよく間違えられがちですが、実際は人の体を維持するための「触媒」の役割を担っています。

 

普段、意識はしませんが、私達が「みる・聞く・呼吸する」という動作は体内にある成分が化学反応を起こすことで起こります。
化学反応を起こすには触媒がなければ何も起こりません。
つまり、人間は酵素がなければ生きることができないのです。

 

乳酸菌は「生きて腸まで届く」細菌
ヨーグルトのテレビCMを見ているとよく耳にする「生きて腸まで届く」というフレーズ。
乳酸菌は生きた細菌のひとつでLG21や乳酸菌シロタ株など有名な乳酸菌を含め200種類以上が存在しています。
乳酸菌ときくと乳製品を連想されるかもしれませんが、乳酸菌も元々私達の体の中に存在しています。

 

また、乳酸菌は腸内環境を整え改善してくれる善玉菌の一つです。

 

酵素と乳酸菌も同じような効果をもっていますが、共通の効果として

  • 腸内環境を改善して整える
  • 腸内環境が整うことで便秘の改善・予防
  • 免疫力の向上
  • 肌荒れを改善して美肌を目指せる

といった効果が期待されます。

 

乳酸菌と酵素は効果が似ているだけではなく、さらなる共通点として、

 

「体内に存在し、生きていくうえで必要なもの。しかし加齢とともに減っていく」

 

ということです。
ダイエット目的でなくても健康を維持するためには酵素と乳酸菌は日々の生活で忘れずに摂取していきたいものです。
酵素と乳酸菌の2つを一緒に摂取することでさらなる相乗効果が期待できます。

 

 

酵素で代謝機能改善。乳酸菌で腸内環境改善。2つの効果で太りにくい体へ

 

「ダイエットをせっかく成功させてもすぐに体重が元通り。それどころか前より増えてる。」
なんて話はよく聞きますが、実際ダイエットをしたあとにリバウンドしてしまうのは悲しいですよね。
急激な食事制限などによるダイエットよりも酵素と乳酸菌でゆっくり時間をかけて太りにくい体にするほうがリバウンドもしにくく健康的です。

 

太りにくい体にするための3つのポイントがあるので頭に入れておきましょう。

 

  1. まずは腸内環境を改善
  2. 腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3つの菌が存在しています。
    腸内環境をいい状態を保つためには3つの細菌の割合が
    「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=15%:10%:75%」
    がベストで最も腸内環境が整っている状態です。

     

  3. 悪玉菌を増やしすぎないようにする
  4. 理想の腸内環境を目指したいところですが、3つの細菌の割合バランスはストレスや食生活の内容によってすぐに失ってしまいます。
    ストレスが重なったり、栄養バランスの悪い乱れた食生活をしていると腸内の悪玉菌はあっという間に増えます。
    また、腸内細菌の多くの割合を占めている日和見菌は数の多いほうに加勢する特性を持っているため、悪玉菌が善玉菌より多いと悪玉菌と一緒に腸内の環境を劣悪にしていきます。

     

    ただ、悪玉菌にも役割があり、善玉菌を刺激して動きを活発化させて、インフルエンザなどの病原菌を撃退してくれる存在です。
    あくまでも善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスが重要となってきます。

     

  5. 体内の酵素をフル充電させておく
  6. 太りにくい体を作るためには腸内環境を整えることは最重要課題です。
    酵素にも乳酸菌と同じように腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。
    しかし、体内で酵素を使える量には限界があり、消化酵素を消費しすぎてしまうと、代謝酵素で体の新陳代謝機能を向上改善させるほうに手が回らなくなっています。
    酵素不足にならないように普段の生活やストレスを溜め込まないように注意しましょう。

 

 

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌もビフィズス菌も同じ善玉菌で多く知られている存在で腸内環境の改善に役立ちよく似たもの同士とも言えます。
よく似たもの同士ですが、ビフィズス菌は乳酸菌とは違い、大腸内において乳酸菌よりも100倍以上多く住み着いていて、酸素のある場所では生きていけない存在です。

 

全ヨーグルトというわけではありませんが、販売している多くのヨーグルトにはビフィズス菌が封入しています。
ビフィズス菌が配合されているヨーグルトには酸素が入らないように蓋がしっかりと密閉できるようになっています。

 

そして、乳酸菌と一番大きな違いとしてあるビフィズス菌の特徴として、酢酸を腸内で作りだしてくれます。
酢酸は非常に強い殺菌力で悪玉菌の増殖を防ぎつつも、腸内の粘膜を守ってくれます。

 

 

自分の腸内環境を確かめる方法はウンチの状態を見る
酵素と乳酸菌が腸内環境を改善してダイエットや健康効果を推し進めてくれる効果があるのであればぜひ、積極的に摂取したいところです。
「腸内環境がいい状態」とはどんな状態を指すのか気になりますよね。
酵素と乳酸菌を摂取する前、酵素と乳酸菌を摂取した後の腸内環境の状態は出したウンチを見てみましょう。

 

腸内環境が悪い状態だとコロコロとして硬いウンチ、もしくはみずっぽい状態のウンチです。
悪玉菌が腸内で悪さをしているので腸内でウンチの腐敗が進んでいるので匂いも強めのウンチです。
便秘になっているのであれば腸内環境が悪い状態そのものと言えます。

 

腸内環境がよく、善玉菌がうまく働いてる状態だと善玉菌と悪玉菌、日和見菌の割合バランスが取れているウンチは黄色味がかかった茶色のウンチでバナナみたいな状態で排出されると腸内環境が良いと判断できます。
たとえバナナの形状をしていなくても、皮をむいた柔らかいバナナのような硬さのウンチだったら腸内環境は良好です。

 

 

酵素と乳酸菌を同時に摂って健康な腸内環境に

 

酵素と乳酸菌は腸内環境を改善してよくする最強のコンビとも言えます。
酵素と乳酸菌は発酵食品にもよく含まれていて、日本人が口にしやすい、醤油や納豆、漬物などが該当します。
ただ、発酵食品に多く共通しているのが塩分が他の食品よりも多くふくまれているのが特徴として挙げられます。
塩分の摂取しすぎは万病のもとでもある生活習慣病になりかねません。

 

また、発酵食品を選ぶ際には、保存料などの添加物が入っていないか、確認しなければなりません。
というのも、添加物は酵素の働きや効果を妨害してしまう性質があるためです。
しかし、無添加のこだわった発酵食品はコストがかかってしまいます。

 

酵素と乳酸菌を摂取するために発酵食品選びに迷っているのであれば、サプリを選んだほうが効率もよく、手軽に摂取できます。
酵素サプリには、乳酸菌だけでなく、善玉菌の餌となるオリゴ糖が含まれている酵素サプリも有ります。

 

どのように酵素と乳酸菌を食生活の中に取り入れていくかは個人にもよります。
果物やヨーグルト、発酵食品、サプリなどどんな摂取方法でも毎日、体の中に酵素と乳酸菌を満タンにしておくことが良い腸内環境を維持していくコツですね。