酵素ドリンクによる置き換えは意味なし?痩せることはできないの?


一昔前は酵素ダイエットと言えば「酵素ドリンク」が主流でしたが、現在はいつでも手軽に飲める生タイプのサプリメントが主流となっています。

しかし、一言で酵素ダイエットと言ってもいくつか種類があり、ドリンクタイプ、サプリタイプ双方にメリットがあります。

また「酵素って何?」と聞かれると誰だってすらすらと答えられないですよね。

ですからこのページでは、酵素がダイエットに利用される仕組みや酵素ダイエットの種類と、ドリンクかサプリのどちらを利用した方が良いのかをまとめました。

置き換えダイエットは意味なし?

酵素とは、人間が生きていく上で必要な内臓・筋肉など、様々な役割を持つ重要な栄養素(タンパク質)です。

酵素には現在もまだはっきりとした数が把握できていない程たくさんの種類があります。そしてそのたくさんの酵素には、ひとつの酵素にはひとつの役割しかありません。

そんなばらばらで働いている酵素たちですが大きく3つに分ける事ができます。

消化酵素・・食べた物を消化する働き

代謝酵素・・消化酵素によって分解された栄養素を体内の細胞へ届けます。新陳代謝の働きに影響を与え、体内の老廃物の排出や免疫に関係します。

※消化酵素と代謝酵素は体内にある酵素です。

食物酵素・・食事から摂り入れる酵素です。新鮮な生の食品や発酵食品に含まれていますが、加熱すると失活します。

酵素は、体内で一日に作れる量が決まっており、それは年齢と共に減少していきます。

また、食生活が乱れていると消化酵素を使いすぎます。代謝酵素が不足すると身体がだるい、肌が荒れると言った体の不調が現れることにも繋がります。

ですから普段からバランスの良い食事を心がける事が大切です。

腸内環境や新陳代謝にも関わるだけでなく、老化の原因とも言われている活性酸素を低下させる役割も担います。

ひとことで酵素ダイエットといってもドリンクやサプリだけでなく、実のところ野菜やフルーツ・発酵食品を用いることもできます。

数年前に大ブームになり今でも根強い人気があると言えるのが、「酵素ドリンク」を使った酵素ふぁつひんぐや食事をドリンクに置き換えるダイエット方法です。

まずは酵素ダイエットに使われている酵素ドリンクについて簡単に説明します。

酵素ドリンクとは
・野菜や果物などを発酵させて作られた清涼飲料水
・体内の酵素の働きを助けるビタミン・ミネラルが豊富に含まれている
・飲めば痩せられるといったものではなく、体内の消化酵素などの働きを助ける

酵素ドリンクは本来健康を維持する為に飲まれていましたが、沢山の栄養素が入っている為、ファスティングや置き換えダイエット中の栄養補給にも最適です。

置き換えダイエットの正しいやり方と仕組み

酵素ダイエットがなぜ痩せると言われているのか、ファスティング・酵素サプリ・置き換えダイエットといった3つの代表的なダイエット方法から説明します。

酵素サプリ
・食事の前に水かぬるま湯でサプリを飲む
・一部の酵素ドリンクと異なり加熱処理が必ずしも必須ではない
・体内に酵素を補給する事で消化酵素の働きがスムーズになる。今まで消化に使っていた酵素を全て代謝酵素に回せる。

→ファスティングや置き換えの補助として用いることもあります。ダイエット目的だけでなく食生活が気になる方にも支持されています。ドリンクタイプよりも価格が安く、気軽に酵素をとれるのがメリットです。

ファスティング
・一定期間行う断食の栄養を酵素ドリンクで補いながら実践
・断食によるデトックス
・断食中でも空腹感を満たすことができるだけでなく、必要な栄養素と身体を動かす最低限のカロリーの補給もできる

→ファスティング目的の方にとって空腹感を満たすことは重要ですから、酵素ドリンクを選ぶ必要があります。

置き換えダイエット
・はじめは三食のうちの一食を酵素ドリンクに置き換える
・酵素ドリンクを飲む事で空腹感も軽減される。炭酸水で割るのがおすすめ。但し置き換えた後の食事をカロリーオーバーしないようにすること

→ファスティングと同様、酵素ドリンクを選択

置き換えはダイエット経験者だけでなく、初めてダイエットに挑戦しようと思っている方もはじめやすいのもメリットです。

「酵素を取ると痩せやすくなってダイエットに効き目あり」なんて言われるようになったのはまだここ数年の話です。

「酵素ダイエットでスリムな美ボディを手に入れました。」という芸能人やモデルさんのCMや広告もよく目にしますよね。

しかし、ただ飲んでいれば痩せるなんてことはありません。それは幻想です。せっかくですから、食事や運動にも気を遣った方が良い結果に繋がります。

体内酵素の種類は2種類
酵素はもともと体内に存在しているタンパク質の一種です。

体内の酵素は大きく分けると、

  1. 食べ物を消化して体に吸収しやすい形に変換してくれる消化酵素
  2. 消化酵素で変換した栄養を体へと届けてエネルギーにしてくれる代謝酵素

の2種類に分類されます。
消化酵素と代謝酵素は合わせて体内酵素、もしくは潜在酵素といわれ、一日で使える体内酵素の量は限られています。

本来であれば半々の割合で消化酵素と代謝酵素を使うのが理想ではありますが、消化酵素は体内において代謝酵素よりも先に使われていく性質を持っています。

脂っこい食事や外食、ジャンクフードばかりを食べている食生活では、消化酵素だけでは補えず、代謝酵素で使うはずの酵素が消化酵素に使われてしまいます。

酵素は外から補給できる?
体内酵素は日々の食生活の内容によっても減少していきますが、加齢によっても減少し20代をピークに40代に入ると一気に減少してしまいます。

厄介なことに、体内酵素の量が減ったとしても体が欲する酵素量自体は変わりません。

不規則な生活が続けば代謝酵素の不足が日常的に続くことで代謝機能はどんどん低下していきます。

代謝機能が低下していくことで太りやすくなるのは明白です。加齢に伴い代謝が低下していくのには筋肉量の減少も影響しています。

酵素は体内だけに存在するだけではなく食物にも存在しています。

食物酵素は生野菜やフルーツ、発酵食品である納豆やチーズにも含まれていて食事から摂ることが出来ます。

しかし、酵素は熱に弱い性質があり、48度以上の加熱で酵素が機能しなくなる「失活」状態になってしまいます。

つまり食物酵素を補いたいのであれば、高温で加熱してしまっては酵素を取り入れたことにはなりません。

置き換えのメリットとデメリット/h4>

酵素ダイエットに期待できるのには理由があります。

乱れた食生活では、消化酵素だけなく代謝酵素も消化に使われてしまいますが、外から食物酵素を摂取することで消化酵素の消費を抑えることになります。

そして、代謝酵素の働きこそがダイエットの鍵となります。

  • 基礎代謝の向上が必須
  • 年齢を重ねることによって体内酵素が減少していくのは仕方がありません。しかし、代謝が落ちていくと2つの問題が生じます。

    食事による栄養が消費されづらくなる
    食事から摂取した栄養素を消化酵素で体内に吸収しやすい栄養素へと変換することはできますが、身体に運ぶ代謝酵素が減少すると脂肪として溜めこむことになります。

    セルライト
    体にまとわりついた脂肪は代謝が良ければ減らせますが、ついた脂肪は固まってセルライトとして定着してしまいます。セルライトの落ちづらさは、痩せづらいカラダと言っても良いのではないでしょうか。

体内酵素を十分にしておくことで、基礎代謝だけでなく、内臓脂肪の処理にも良い影響を与えます。

また基礎代謝が上がると体温の上昇にも繋がります。また巡りが良くなることはセルライト対策にもなります。

基礎代謝能力が落ちると当然太りやすい体になります。

しかし、そもそも脂肪がつきづらくなれば少しの運動や食事に注意するだけで体重管理がしやすくなります。

  • 老廃物の排出
  • 食べ物から摂取した炭水化物に多く含まれるでんぷんは、消化酵素によって体を動かすためのエネルギーでもある糖に変換されます。

    しかし、代謝酵素が不足すると、糖が体の各所にうまく運ばれずそのまま血液に吸収されていきます。

    消費されなかった糖がどんどん血液に溜まっていくと血液中の赤血球とくっついて粘度が上がります。

    血液には、老廃物や毒素などの体に必要ではない物質を排出する役割がありますが、ドロドロでは体にどんどん不必要な物が溜まってしまいます。

    ですから、酵素はデトックスの役割も担っていると言えます。

  • 酵素と腸内環境
  • 多くの女性が悩むお通じ。

    お通じの乱れは腸内環境が乱れている証拠でもありますが、便は老廃物でもあるため腸内に長く溜まっていると、便から出る毒素が腸から血液に取り込まれてしまいます。

    そうすると、毒素に邪魔されて栄養が吸収されづらい身体になります。

    栄養の吸収状態が悪いと余剰分が脂肪になったり、吸収不良と脳が勘違いして食欲が増加してしまったりと悪循環に陥ります。

    リバウンドしづらい

    置き換えダイエット
    3食のうち1食を酵素サプリや酵素ドリンクのみにする。

    ファスティング
    数日間食事を食べず、水や酵素のみで行うダイエット法。プチ断食とも呼ばれます。

    食事による摂取カロリーを少なくして痩せるのも目的ですが、単純な食事制限とは違い消化作用を抑えることで内臓を休ませることにもなります。
    体の根幹から溜めづらい体質へと変化させていくことでダイエットがひと段落してもリバウンドの可能性が低くなります。

    *ファスティングは手順通りに行う
    置き換えダイエットは一日のうちの食事1食分のみを変えるだけの簡単なダイエット法です。しかし間違った方法で取り組むと逆にリバウンドしやすくなります。

    ファスティングの手順としては「下準備・実行期間・リカバリー」の3段階を踏む必要があります。

    1. 下準備
    2. 断食の実行期間に移行する前に、まずは少しずつ食事の量を減らして体を慣れさせる必要があります。

    3. 実行期間
    4. 酵素や水のみの摂取を1~3日間行います。

    5. リカバリー
    6. 断食の実行期間が終わったら、消化の良い食べものから少しずつ食事の量を増やしてファスティング前の食事に戻していきます。
      (おかゆなどの流動食から始める)

    「ファスティングでリバウンドしてしまった」というほとんどの人はリカバリーの期間を作らず、内臓に急激な負担になるカロリー摂取が原因です。

    リバウンドだけでなく内臓へのダメージを負うことになるので、ファスティングをするときは必ず手順通りに行うようにしましょう。

    痩せやすい体を作るのが本来の目的
    酵素の働きは確かにダイエットをするのにうってつけの実力を発揮します。

    ただ勘違いしてはいけないことは、ただ飲めば痩せるのではなくあくまでも酵素が作ってくれるのはきっかけにすぎません。

    酵素だけでなく、食生活の見直しや適度な運動をすることが大切です。酵素ドリンクやサプリはダイエットの動機づけとしては心強いパートナーです。

    また、体内酵素を消費してしまう行動は避けるのも大事な要素と言えます。ですから十分な睡眠時間の確保とストレスを発散できる環境を作ってください。

タイトルとURLをコピーしました